初めてのお泊まり

この週末は実家でクリスマスパーティーだった。一泊くらいならマロンはお留守番も可能だが、最近は寒くなってきたし、じいじ達にマロンを見せたい!という娘の思いもあり、連れて行ってみることにした。



運搬用に使ったのはDO DO PETの小型犬用のキャリーバッグ。ハリネズミ用の小型のキャリーも売っているが、大きめのキャリーの方がおしっこ&うんちまみれにならないかなと思いこちらを購入した。バッグの片側にねぐらを置き、もう片側をトイレエリアとして空けておいたところ、綺麗好きのマロンは、移動中もねぐらから出てきてトイレをしてくれていたので、実家に着いた時もねぐらとマロンは綺麗なままだった。(予定通り!)

実家にケージはないので、アマゾンのダンボールにペットシーツをしいたものを使用。若干狭いが、一泊なのでこれで我慢してもらうことに。匂いに敏感なハリネズミは、別の家などに行って周囲の匂いが変わることがストレスになるらしい。そのため、なるべくいつもの環境と変わらないようにしてあげようと、トイレやねぐら、エサ皿は家で使っているものをそのまま持ってきた。その甲斐あってか、着いて5分くらいは周囲の様子を伺うようにふんふんと匂いを嗅ぎまくっていたがすぐにおちついてエサを食べ始めた。

冬のハリネズミの飼育で一番大切なのは温度管理。実家は我が家よりも少し寒いので周囲にはホッカイロを貼り付け、ダンボールの下には小型ヒータを設置。ダンボールの上にはフリース毛布を被せ保温を図る。

環境変化のストレスからでエサを食べなかったり、お腹を壊したりするかもしれない…と心配したが、あっという間に適応し、実家でも気ままに過ごしていた。ねぐらから頭を出して寝ていたりとすっかりリラックスした様子。



翌日の帰宅も順調。体調を崩すことなく、実家お泊まりミッションをコンプリートできて一安心。実家の両親にもハリネズミの魅力を伝えることができた。

でもマロン的には「やっぱりマイホームが一番!」のようだ。

蒸しタオルでふきふき

マロンを撫でていると、針の一部が固まっているのを発見した。チューブ糊のような粘性のあるものがくっついている。

アンティングした時の泡なのか、精液(そろそろ発情期に入る)なのか…。正体は不明だが、マロンも気になってそこをひっかいてばかりいるのでとってやることに。

野生ではハリネズミは水浴びをしない。(代わりに砂浴びをして体を清潔に保っている。)そのため、基本的に水が苦手だし、泳ぎも下手で溺れやすい。ブリーダーさんにも、お風呂は下痢便がこびりついた時とか、どうしようもない時だけにするようにとのアドバイスをいただいた。

そんな訳で今回は、お風呂ではなく、蒸しタオルでふきふきしてきれいにしてあげることに。

 

蒸しタオルを冷まし、こびりついた部分を撫でるようにして優しく拭き取る。脱走しようとしたり、ハリをたててイガグリになったりするので大変だったが、娘と二人がかりでなんとかきれにとることができた。

スッキリ〜!したら、ハリケツ出しておねんねのマロン。まさに、頭隠して尻隠さず…。

大きくなったよ

マロン君がやってきて、1か月ちょっと。毎日見ていると気がつかないが、重さも大きさも2倍くらいアップした。

わが家にやってきて5日目のマロン。体重は326gで、娘の手にすっぽりとおさまっている。顔も少し幼いような気がする。

そして、最近のマロン。体重は535gで、娘の手から若干あふれている。

決して食っちゃ寝生活で太った訳ではない。大人サイズに成長してきたのである。

ペットショップで売られているハリネズミや、ペットグッズのパッケージなどに写っているハリネズミは、生まれて3か月くらいの子供が多いので、ハリネズミ=ハムスターくらいと言うイメージを持っている人が多いようだ。うちに遊びに来た友達も、マロンを見て「意外に大きいね」と驚く事が多い。

大きさは22cmくらいにまで、体重は個体によっては700gくらいまでいくこともあるらしい。飼育ケージのサイズが60×30cmは必要と言われるのはこのためだ。飼ってから、こんなに大きくなるなんて!と驚くことのないよう、事前にそのあたりもイメージしておく事が大切だ。

かく言う私も、たった1か月でこんなに成長するなんて思わなかったので、驚いている。でも、大きくなっても、可愛らしさは変わらない。

ぶらさげるハリネズミ

神宮前ギャラリーのオーナーさんに代理購入してもらっていた、ぶらさげるハリネズミが届いた。ギャラリーで個展を開いていた秋草愛さんの作品である。

そんな訳で今年のリースはハリネズミつき。

ハリハウス

吉祥寺のカゴ屋さんメヌイで買ったマロンちゃん用のハウスが届いた。おそらく猫とか小型犬とかが使用するイメージで作られたのだろう。かなり立派なサイズだ。

サイトでこの商品を見た時、ケージの中でねぐらとして使えるようなサイズかな、と勝手にイメージしていたのだが、店舗で実物をみてその大きさにびっくりした。しかし、このサイズと形…ケージから出して触れ合う時にあったら便利かも…と思い購入。

この1ヶ月、お部屋さんぽをさせてわかったことだが、基本的にマロンはオープンな場所は嫌がり、部屋に放すとすぐに棚の下や植木鉢の影など隅っこや物陰に潜り込んで丸まってしまう。なので、屋根がありちょっと薄暗くなっているこのハウスなら活動的な状態で、触れ合うことができるかもしれないと思った。それに、今日みたいに寒い日は、玄関ではなくこれに入れて室内の暖かい場所に置いておくこともできる。

早速中に放してみる。最初は訝しげに周囲の匂いを嗅いでいたが、すぐに慣れ、餌をぽりぽり食べ始めた。

気に入ってくれたようでよかった。

愛しのハリケツ


最近、娘とハマっていることがある。マロン君のおしり「ハリケツ」を激写することだ。

ハリネズミのしっぽはとても可愛らしいのだが、基本的に針に隠れているので、本当にリラックスして、体をだらしなく伸ばしている時にしか見ることができない。

なんとかピコンと飛び出たしっぽを写真におさめたいのだが…。ケージ越しでも人の気配を感じると近づくとすぐに隠してしまう。

最近ようやく撮影に成功したのがこちら。

飼い主だけしか見ることができない、愛しのハリケツだ。

偏食なハリネズミ

ハリネズミは偏食だ…と言う話は聞いていたが、ここ最近その徹底した偏食ぶりに頭を痛めている。

マロンを飼い始める時、なるべく環境を変えない方がよいだろうと思い、ブリーダーさんのところ同じフードを購入して与えていた。一ヶ月経ち、フードがなくなってきたのでアマゾンで同じ会社のフードを注文したのだが、シリーズが違ったらしく粒の大きな違う種類のものが届いた。しまったなあ…と思いつつ、残っているフードと新しいフードを混ぜて与えてみたところ、粒の大きな新しいフードを綺麗に残して食べていた。

これはまずい…と思い、ブリーダーさんに連絡したところ、早急に同じフードを送っていただけることになった。ほっと安心したものの、1kg買ったこの新しいフードは全く無駄になってしまうのか…と少し残念に思ったので、数日間、二種類のフードを混ぜて与えていた。

するとある日、突然気が向いたのか、新しい粒の大きなフードも食べ始めた。やった!これで無駄にならなくて済む!と喜んだのもつかの間、今度は今まで食べていた小さな粒のフードを全く食べなくなってしまった。今までと反対に、粒の小さなフードだけを綺麗に残して食べるようになってしまったのだ。わざわざ1キロも取り寄せたフード、どうするのよ…。なんとか食べてもらおうと、ふりかけたり、混ぜこんだり色々してみたが、器用に選り分けて大きな粒の新しいフードだけを食べる。そして、そのフードがなくなると、ちゃぶ台返しさながら、餌皿をひっくり返してケージ内に今までのフードを撒き散らす。マロン、なかなかの強者だ…。

ハリネズミのだっこ

私と娘にはだいぶ慣れてきたマロン。世話をすることにより、臭いを覚えてもらえ、心を開いてくれるようになるようだ。なので、最近はだっこしてもあまり針をたてなくなった。

ハリネズミの抱き方

1.ハリネズミをすくうように、両手のひらをハリネズミのお腹の下にやさしく滑り込ませる。ここで人間がビクビクすると、ハリネズミにもそれが伝わって針をたてるので、自然な感じでスッとやるのがよい。

2.安定するように手で包み込み、ゆっくり持ち上げる。うっかり落としたりするとすぐに骨折してしまうので、慣れないうちは、必ず座った状態で抱っこして、万が一落ちても怪我をしない程度の高さで抱くようにする。

3.お尻をささえて安定させる。すっぽりおさまるように抱くと落ち着く。

でも、抱かれ心地が悪いと、だんだん針がたってくる。(それもまたかわいい)

ハリネズミのトイレトレーニング

ハリネズミ用のトイレを購入したので、マロンのトイレトレーニングを開始。

トイレトレーニングといっても、犬や猫のように褒めたり叱ったりしてしつけるわけではない。(だってハリネズミだもん。)同じところに排泄する傾向がある&ねぐらは綺麗に保つというハリネズミの習性を生かし、排泄の場をこちらが指定したトイレに導くようにする、というだけである。そういう意味では、「トイレリーディング」といったほうが良いのかもしれない。

方法は単純。ハリネズミを観察し、いつもどのあたりに排泄するかを覚えておく。この時点で、特に決まった場所にする傾向がみられない場合はトイレトレーニングは向かない子かもしれない。(わりと個体差があるようだ。)排泄の場所がみつかったら、そこにトイレを設置。マロンは寝ぐらから一番離れたケージのすみっこによくするので、そこにトイレをおいた。

うちは砂を使っているが、ペットシーツでもよいそうだ。そして、砂やシーツにわざとうんちやおしっこの匂いがつけておく。他のところにしたウンチやおしっこはすぐに回収し、匂いを拭き取っておく。

あとはこれを気長に続けていくだけ。今の所順調で、ケージの中にいる時は、おしっこは必ずトイレでするようになった。これはかなりありがたい。ケージの掃除が格段に楽になった。偉いぞ、マロン。うんちはたまに「あ、間に合わなかったのね…」と思うような位置にコロンと転がっているが、まあこれはご愛嬌。

ちなみに、ハリネズミのトイレ砂はおしっこをすると中の方に広がって固まる。上の写真の周りの砂を取り除いたところがこちら。表面からみるとわからないがけっこうな量をしていることがわかる。掃除の時にはきちんと中までチェックしてあげよう。

固まっているといっても、水分で湿っているから固まっているだけで猫砂のように手でつまめるほど固めるわけではない。ちょんと触るとすぐに粉砕する。なので、ハリネズミの小さなお尻や生殖器にくっついてしまう心配もない。

ただいま、ハウスキーピング中。しばらくお待ちくださいの図。

ハリネズミのトイレ

マロンを観察していると、同じところにうんち&おしっこをする傾向があることがわかった。これならばトイレトレーニングができるかもしれないと思い、トイレを導入することに。

選んだトイレは三晃商会のハリネズミスロープトイレと、ハリネズミサンド 1kgだ。

トイレ砂というと、猫砂やウサギ用の砂などの固まるタイプの砂が一般的だが、こうした固まるタイプの砂はハリネズミには適さないとのこと。ハリネズミはウサギや猫より小さいため、砂がお尻や生殖器にくっついた状態で固まったりしてしまう場合があるからだ。またうっかり誤食してしまうとお腹の中で固まって腸閉塞になる危険もあるとのこと。

なので若干割高ではあるが、水を吸っても固まらないハリネズミ専用の砂を使用することにした。粒もだいぶ小さく、サラサラ。ほんとに砂という感じだ。

水を吸っても猫砂のようにぎゅっと固まることはないが、おしっこをしたところは濡れた砂のようになり、ある程度固まった状態になるのですぐわかる。海岸に作った砂山のような感じといえばイメージしやすいだろうか。

初めてのトイレに初めての砂。どう反応するかなと思ったが、特に怖がりもせず。よし、いい傾向。早速トイレトレーニングをはじめてみようと思う。