まったりハロウィンハリネズミ

今日はハロウィン。インスタにもかわいいハロウィンハリネズミ写真が流れている。マロンもこの流れにのろうよ!という訳でカボチャと一緒にパシャリ。

なんで、このタイミングでそっぽ向くかなあ…。
普通に座らせるとすぐに脱走するので、仰向けにひっくり返してパシャリ。

全くインスタ映えしない一枚が撮れた。

モデルにやる気がないので小物に頼ることに。カボチャを羊毛フェルトのジャックオーランタンにチェンジ。
マロンを飼い始めてから毎年一緒に撮影しているフェルト人形である。

なんか今回はしょっぱい顔してる…。

ならばやっぱり仰向けにごろりんしてもらう。最近本当に丸まってくれなくなったので、針ボール写真が撮れなくなってしまった。
でもこのヘソ天ポーズもマロンならではでかわいいからよしとする。

でもやっぱり長いことはじっとできないマロン。

足蹴にされるジャックオーランタン…。

帽子を被ったり、おもちゃの椅子にちょこんと座ったりしているハリネズミ写真を見ると、つくづく個体差ってあるんだなと思う。
インスタ映えは諦め、マロンにはヘソ天ハリネズミの道を極めてもらおうと思う。

ハリネズミの耳掃除

耳掃除のことを書いていなかったな…ということに気が付いたので、今更ながらお耳のお手入れについて。

色々な方法があるが、我が家ではごろんとひっくり返っていただいて、ガーゼでお掃除している。

お腹をなでなでしながら、ゆっくり顔の方に指をもっていく。耳や顔を触っても嫌がらないようならお手入れ可能。

マロンの場合、黒丸で囲った耳の下の部分に耳垢がくっついていることが多い。
耳の中に綿棒を入れるのは耳を傷つけそうで怖いので、ぬるま湯で湿らせたガーゼで優しく拭き取っている。

マロンの耳垢。茶色っぽくて乾燥した固まりがとれた。

ハリネズミの耳はとてもデリケートで、傷つきやすい。また顔や耳を触られることを嫌がる子も多い。なのでお手入れは決して無理をせず、自分でできない場合はお医者さんなどでお手入れしてもらおう。

粘性の強い、耳だれみたいな耳垢が出ている場合は外耳炎になってしまっている場合があります。早めにお医者さんに診てもらいましょう。

他にもダニ症、皮膚糸状菌症などの耳の病気があるので、よく耳を痒がったり、変な臭いがしたりするような場合は、自己判断せずお医者さんへ。

ハリネズミ用おふとん

朝晩冷え込むようになってきたので、マロンの寝床用にお布団を買った。

100円ショップのネックウォーマー。今回は絞り口のない輪っかタイプ。星柄模様がかわいい。

とりあえずもぐって寝心地確認。

ごそごそ。

もぞもぞ。(寒くなると見かけるようになる歩くネックウォーマーはこちらです。)

寝心地問題なーし。

複数買っておけば、毎日交換することができるので、衛生的。
寝床にしいてあげたところ、気持ちよさそうに寝ていた。

マロンも私も苦手な冬がやってくる。
ついこの間まで暑くて死にそうなんて言っていたのに。

二年目

マロンをお迎えして今日でちょうど2年。

我が家での暮らしにもすっかり慣れてきたようで、ほとんど針を立てることがなくなった。抱っこしても、お風呂に入れても、爪切を切っても、耳をふいても怒らなくなったので、お世話がとてもやりやすくなった。ごはんも手で餌皿を差し出すと食べにくるようになった。

体重は夏から少し減って727g。フードの1/3くらいにカロリー抑えめのBrisky社のハリネズミフードBasicを混ぜるようにしたためだと思われる。(でもやっぱり大きめちゃん。)

お気に入りのハリハウス。私と二人きりの日中はいつもここでお昼寝をしている。

ありがたいことに、この一年も病気や怪我もなく元気に過ごしてくれた。来年からシニア期に入るが、このまま元気に暮らしてほしい。

ネックウォーマー大好き

少し肌寒くなってきたので、マロンにフリースの寝袋を出してあげた。ハリネズミ用の寝袋はマロンにはちょっときつそうなので、うちではネックウォーマーの先っぽをきゅっと締めたものを寝袋がわりに使っている。

早速潜り込む。

いい塩梅になるようにごそごそベッドメイクングしている後ろ姿はずっと見ていても飽きない。ハリケツ最高!

時々、少しだけあいている先っぽの方から顔を出して外の様子を伺う姿もまた可愛い。

新種の黒ハリネズミ?

ハリネズミの背中ぽりぽり

犬や猫が後ろ足で背中をぽりぽり掻く様に、ハリネズミも背中を後ろ足で背中を掻くことがある。足の長さに比べて針山(背中)のサイズが大きいハリネズミはなかなか痒いところに足が届かず大変そう。

背中に全く届いてないよね…。

がんばれ!と応援したくなる体位。

後ろから見ると、未確認生物状態。(体どうなってんの?)

とりあえず、お風呂に入れました。