ハリネズミのスマホケース

かっこかわいいハリネズミのスマホケースを見つけたので脊髄反射で購入した。

ハリネズミのスマホケースはポップで可愛らしいデザインのものが主流だが、このケースはシンプルでモダンなデザインである。タオルやポーチなどの小物はどれだけかわいらしくても構わないが、人に見られることが多いスマホケースは、可愛らしすぎないものにしたい…と思っていた私にとって実に理想的なものだった。

このケースは仕事の関係で知り合ったイラストレーターHElll(ヘル)さんがデザインしたものである。

HElll(ヘル)さんのハリネズミイラスト

HElll(ヘル)さんは右手と左手、両方の手を使って絵を描くイラストレーターさん。それだけでも珍しいのだが、さらに左手と右手とでは描く絵のタッチが大きく異なるという特徴をお持ちだ。

スマホケースのイラストは左手で描かれたもので、おおまかな形状がラフな線で描かれている。これを下書き無しの一発書きで描くというのだからすごい。HElllさんのTwitterでは、同じハリネズミを右手(細密なタッチ)で描いた作品やそれを合成させた作品などを発表している。グッズはSUZURIで販売中。

うーん。見ればみるほどイケハリですね…。

HElll(ヘル)さんのハリネズミスマホケース

秋の気配

9月に入ってからもろもろ忙しくて体も気持ちもバテ気味。そんな時はマロンのハリハリとぷよぷよの触感を楽しむことに集中したくなるため、写真をあまり撮らなくなってしまいブログも滞り気味に…。

一方のマロンは涼しくなり、過ごしやすくなってきたため活性があがり、食欲もアップ。
マロンのカリカリという咀嚼音、聞いているだけでなんか癒される。

クッションカバーを秋柄に変えたら、早速アンティングを始めるマロン。

わりとしっかりカジカジするのでちょっと心配になるが、今のところ穴があいたことはない。

最近買った私の秋服も匂いを確認して噛み噛み。

そしてその後ご丁寧にマーキングまでしてくれた…。まあ、想定の範囲内です…。

もうすぐ3回目のうちのこ記念日がやってくる。今年も元気に迎えられそうで嬉しい。

ハリネズミの虚無顔

今日はマロンの爪切りをした。いつもは私がおさえて娘が爪を切るのだが、部活が忙しくやってもらうタイミングを逃してしまったので一人でやったところ、手際が悪くマロンが不機嫌になった。

逃げ出そうとバタつくマロンをおさえながら切るというのも大変なのだが、老眼でマロンの小さな指先の爪を見るというのが思った以上に大変だった。深爪しないようにと慎重になるあまり、いつもの倍近く時間がかかってしまった。

爪切り中に針を立てたりフシューと威嚇したりはしないのだが、終わった後はしばらく壁の隅っこに鼻をくっつけてぶすっとしていた。

呼びかけても無視。ごはんで機嫌を直してもらおうとしてもダメだった。

ハリネズミの虚無顔。…やっぱり爪は娘に切ってもらおう。