Merry Christmas 2018

気がつけばもうクリスマス。今年もあっと言う間に過ぎてしまった。抜け針で少し心配したものの、それ以外は病気も怪我もせず元気に過ごしてくれてよかった。

今年こそ、素敵なマロンのクリスマス写真を撮ろうとツリーの下で頑張ってみたのだが、なかなかじっとしてくれず…。

これはわりといい感じ。

かじるなー。

針ボール写真はやはり撮れず、安定の残念な感じに。

こんなマロンですが、来年もよろしくお願いします。

コオロギデビューしてみたが

先週以降、抜け針は落ち着いてきたので一安心。ただ、この機会に少し栄養バランスを見直そう…と、カルシウム補強のためにコオロギを買って与えてみた。昔からミルワームは食べてくれないので、食感も匂いも違うコオロギなら食べてくれるかもしれない…と思ったのだ。

こちらがコオロギ(閲覧注意)。値段は900円くらいだった。見た目はイナゴの佃煮みたいな感じだが、もちろん佃煮のような粘性はない。

丸のまま与えるわけにはいかないので、ちぎって小さくする必要がある(割と苦痛。)しかし、かわいいマロンのため…と頑張った。(わたしえらい。)

それにも関わらず、どんなに小さく刻んでも、お腹が空いているタイミングで与えても、絶対に食べない。

大好きなフードと混ぜたら一緒に食べてくれるかな…と思ってやってみたが「なに虫とか混ぜてんの?やめてくれないかな?」とでも言いたげな顔で、フードそのものを拒否。一週間粘り強く色々試してみたが、コオロギおよびコオロギ入りフードは絶対に食べてくれなかった。マロン、なかなかの頑固者だ。

コオロギは冷蔵保管する必要がある。そのまま何気なく冷蔵庫に入れておいたら、娘がうっかり開けてしまい「ぎゃーっ!!」となったらしい。ちゃんと書いといてって怒られてしまった。

針が抜ける…

先週の火曜日の朝、マロンのケージを掃除しようとしたら、トイレに針がたくさん落ちていて驚いた。あまりに多いので全部拾って数えてみたら40本近く落ちていた。今までにない抜けっぷりなのでダニでもついたのかと思い焦る。

マロンの皮膚の様子を確認したところ、赤くなったり炎症を起こしたりしている様子はない。まずは皮膚を清潔にした方が良いかなと思ってお風呂に入れてみると、さらに20本近く針が抜けた。一日で60本…今までに無い量だ。しかし、ハゲ部分は見当たらない。満遍なく全体から抜けているようだ。

マロンの抜け針。根元にフケがついたりしている感じはなく、綺麗に抜けている。

一応ダニの可能性も考慮し、ケージ(水槽)は水洗いして乾燥させ、トイレ砂も全て新しいものに交換する。このままのペースで抜け針が続くようなら病院へ行こうと心配しながら様子を見ていたところ、次の日は26本、その次は22本、18本、12本…と減っていき、いつものペースに落ち着いてきた。とりあえずは一安心。

ハリネズミの抜け針の原因としては、ダニ、アレルギー、ストレス、栄養不足などがあるようだ。部屋に針葉樹系のものは使っていないのでアレルギーはあまり考えられない。皮膚の状態も良いので多分ダニでもないと思う。ストレスも…こう見る限りあまりなさそうだ。

だとすると、栄養だろうか。カルシウム不足だと抜けやすくなるなんてことが書いてあったので少し考えてみようと思う。

あと一つ、思い当たる原因としては、小さい寝袋を使ったというのがある。大量抜け針の前日、今使っている寝袋を全て洗濯してしまったので、仕方なく昔の寝袋を出して使った。キツキツなのに、なんとか入り込もうと頑張っていて、パンパンに詰まった状態で熱心に掘り掘り遊びをしていた。もしかしたら、その刺激で元々抜けやすくなっていた針が一気に抜け落ちててしまったのかもしれない。反省し、早速新しい寝袋を追加購入した。

物言わぬハリネズミ。痛みを訴えて鳴いたりすることもないので、毎日の観察が必要だ。