ハリネズミのケガと消毒

ハリネズミのケガ

先日マロンがケガをした。鼻先で穴を掘るのが好きなのでハウスか何かに鼻をこすった際、口元を擦りむいてしまったようだ。痛そうな様子はないが出血していたのでかなりびっくりした。

下からみると悪化したおできのように腫れているのがよくわかる。ハリネズミの口内には雑菌が多いため、ちょっとした怪我でも悪化しやすいそうだ。

血と一緒にウミも出ていたのでそれらを拭き取って傷口を消毒。血はすぐ止まったのでこのまま自宅で様子をみることにする。またばい菌が入らないように水や餌は口をつけるたびに取り替え、口周りの清潔を保つようにした。

消毒に使ったのはペット用の消毒液Comosy(コモスイ) ペット。主成分は次亜塩素酸ナトリウム。哺乳瓶消毒液で有名なミルトンと同じ成分である。

説明書きには「ペットにも人にも安全で飲んでも害はない」と書いてあるが、ハリネズミは犬や猫よりもずっと体が小さい。そのためうちでは原液ではなく少し薄めてから(1.5〜2倍)使用している。除菌・消臭効果があり、ケージの掃除にも使える。

翌朝、マロンの傷口はかさぶたになっていた。前の日から出血もないようで一安心。

腫れも前の日よりひいてきている。

さらにその翌日(3日後)にはかさぶたもとれ、傷口は綺麗になった。まだ腫れた感じはあるが快方に向かっているようでホッとする。

ケガから5日後、腫れもひいてきた。

ハリネズミはとても代謝が早いので、ケガも治るのが早い。軽い怪我の場合、患部の消毒と清潔の維持ができれば自宅での治療も可能だが、患部を触らせてくれない場合&腫れや出血が続くは即病院へ。ハリネズミは被捕食生物であるため体調の悪さやケガを隠す傾向がある。様子がおかしくなった時にはもう手遅れ…ということが多いようなので、毎日の健康チェックを欠かさないようにしよう。

ほんと、心配しましたよマロンさん。

ハリネズミの砂浴び

我が家に来て2年半、すっかり慣れたマロンは部屋でも砂浴びをするようになった。

砂浴びはする子としない子がいるらしいがマロンは昔から大好きでほぼ毎日のように砂浴びをしている。ハリネズミの砂浴びには、針の間のフケを取るなど皮膚の清潔を維持する効果があるそうだ。

我が家で砂場&トイレとして使っているのはSANKOのハリネズミスロープトイレ。大きめのマロンでも余裕で寝っ転がることができる。砂は同じくSANKOのハリネズミサンド

パッケージを見るとかなり大きいトイレに見えるが、大きめの子にはこれくらいのサイズがあった方が良いと思う。

マロンが砂浴びをするのは決まってトイレ砂を取り替えたタイミング。砂をザクザクと掘ってからゴロンと横になり、背中をこすりつける。

そして後ろ足で背中をカキカキ。

反対側もカキカキ。これを何回か繰り返す。

ふう!スッキリ!!

砂浴びをするとかなり広範囲にまで砂が飛び散る。これをみるとケージは水槽タイプにして良かったなと思う。檻タイプのケージだと、隙間から外に砂が飛び散ってしまっていたに違いない。

…まあ、部屋で砂浴び始めるようになったらもうどちらでも同じかな。

仰向けに眠るハリネズミ

跳び箱ハウスの中で眠るマロンを見ていると、一体どんな態勢で寝ているのかしらと不思議に思うことがある。

お腹とお尻のぽよぽよしか見えない。背中のハリがほとんど見えないってことは横向きに近い態勢なのかな?と思っていたのだが、最近衝撃の事実が判明した。

日中はお気に入りのハリハウスでお昼寝しているマロン。

先日何気なくのぞいたら、ほぼ仰向けに近い状態で爆睡していた。

猫とか犬もリラックスすると仰向けになって寝たりするが、ハリネズミもするんだね…。(最早全く防御の役割を果たしていない針…。)

マロン3歳

マロンはこの6月で3歳になった。3歳のハリネズミは人間でいうと53歳くらいと言われている。(一年あたり17.8歳の歳をとるという計算)アラフィフ…立派な壮年だ。

ハリネズミの野生での寿命は3年、ペット飼育下での寿命は5〜8年と言われている。つまり、3歳以降は体調を崩しやすくなる、ということだと思われる。ますます心して日々の健康管理に取り組んでいかねばならない。

1年かけてゆっくりダイエットをした。ダイエットといっても、フードの量を減らした訳ではなく、フードの割合を調整しただけである。ヘッジホッグダイエット(マロンだいすき&カロリー高め)ブリスキーのBasic(お腹が空いていれば食べる&低脂肪高タンパク)そしてMazuri(基本あまり食べない&高タンパク)の3種類のフードを2:2:1で混ぜて与えるようにしたところ、1年でこんなにスッキリした。

ハリネズミは自分で食べる量を調整するので置き餌でも食べ過ぎる事はないと聞いていたが、好きなフードの場合はついつい多めに食べたりすることもあるようだ。

体が軽くなったことにより、よじ登るのに苦労していたハリハウスにもスムーズに登れるようになった。

日本のハリネズミ飼育の歴史はまだ浅い。そのため海外で飼育されているハリネズミと比べると寿命が短いという印象がある。ネット上でもあまり長寿ハリネズミの話を聞かない。「ハリネズミの寿命は5年以上」が日本でも定説になるよう、マロン君にも元気に頑張ってもらいたい。

晴れのち、シャワー、そしておさんぽ

お天気なので軽くシャワーする。タオルドライの後はいつものソファー探検がスタート。

鼻先ぺろりん。こう見るとやっぱりハリネズミの舌って長いなあと思う。

リラックスすると体を横たえるように座って頭を後ろ足でぽりぽりしはじめる。お尻とお腹のプニプニなお肉がむき出し…。(今風に言うなら尊い。)

フードの配合を変えてゆっくりダイエットしているので、昨年よりは痩せているはずなのだが…。

3分もたない

今朝、マロンのお尻にくっついて固まっていたうんティーを取ろうとしたら久しぶりに嫌がって丸まった。久しぶりの針ボール!写真撮ろう!と思って急いでスマホを取りに行ったのだが、戻ってきた時にはすでに開き始めていた。

そしていつものおっぴろげ状態に。この後、どんなにお尻をつついてもマロンが再び丸まることはなかった。

お迎えしてから二年半。すっかり心を許してくれたのか、野生を忘れてしまったのか、はたまた丸まるための筋肉が衰えてしまったのか。

フシュって頭を逆立てたりすることはあるのだが

…。

わりとすぐ戻る。

そしてリラックスモードに。

んー。

針ボール写真は撮れなかったけど、気持ち良さそうなあくび写真をいただいたので満足。

ガラスにピタァ…

暑くなってきたので、跳び箱ハウスの中のおふとんを撤去した。おふとんがないこれからの季節は、跳び箱ハウスの中のマロンの安心しきった寝姿がよく見えるようになる。

暑い日はガラスのひんやり感が気持ち良いらしく、顔をピタァ…とくっつけて寝ることが多い。鼻先と耳、手をガラスにくっつけてスヤるマロン。見ているだけで癒される。一日中眺めていたらセロトニンやらオキシトシンやらが分泌され、私の睡眠障害も良くなるような気がする。

そしてやっぱり面白いのはこのピタァ。昨年の夏くらいからやり始めたのだが、とてもぶちゃかわいい寝姿。鼻先がつぶれて前歯がこぼれちゃってるところが最高に好きだ。

警戒心よどこいった…

季節の変わり目のこの時期は代謝が活発なようでよく針が抜けるしフケも出る。なので本日も軽くお風呂へ。
マロンが慣れてくれたおかげでお風呂タイムがとてもスムーズになった。入浴中も逃げ出さないし、体をふいている間もされるがまま。

こんな姿を見ると、私は何を飼っているのかわからなくなる時がある。

わたくしハリネズミです!(キリッ)

ハリネズミの頭の溝

ハリネズミの頭頂部、鼻筋の延長線上に針が生えていない場所がある。

最初見たときに「これってハゲてるの?」と心配したが針の生え方であり自然なことらしい。針を逆立てて丸まった時には隠れて見えなくなるのだが、

最近はめっきり丸まらなくなってしまったので筋が入ったように隙間が空いている。そのため、この部分にゴミというか、汚れがたまりやすい。特にマロンは頭を使って毛布などをホリホリするので、この部分の針の付け根によく繊維質が絡まったりする。

慣れてくれたおかげでかなり世話がしやすくなったマロンだが、頭の溝の部分を触られるのだけは嫌がるため、ここのお手入れだけは一苦労。

ようやく取れた汚れ。繊維と皮膚と産毛が固まり、綿ぼこりみたいになっている。

ここは嫌だっていってるのに!とご不満げな顔で見つめてくる。

でもすぐに忘れて機嫌が直るところがマロンのいいところ。

ハリネズミ成分不足

いつの間にやら平成から令和へ移行していた。バタバタしていて平成最後のマロン写真を取り損ねてしまった…。

この10連休は旅行はしなかったが、ちょこちょこ出かけていてあっという間に過ぎてしまった感じがする。家族みんなが家にいる休みの日の方が忙しいし、休めないのは母の諚みたいなものだろうか。

そんな訳でゴールデンウィーク中はマロンとのふれあいタイムがあまりとれず、ハリネズミ成分不足に陥ってしまった。今日は多めに触れ合ってハリネズミ成分を補給している。

マロンもお留守番ばかりで寂しかったりしたのだろうか。ハリネズミだし、やっぱり一人の方が気ままにでよいのかな。

…写真パシャパシャうるさくてすみません。

久しぶりだったけど、抱っこで寝てくれて嬉しい。

癒されたので仕事頑張ろう。