マロン3歳

マロンはこの6月で3歳になった。3歳のハリネズミは人間でいうと53歳くらいと言われている。(一年あたり17.8歳の歳をとるという計算)アラフィフ…立派な壮年だ。

ハリネズミの野生での寿命は3年、ペット飼育下での寿命は5〜8年と言われている。つまり、3歳以降は体調を崩しやすくなる、ということだと思われる。ますます心して日々の健康管理に取り組んでいかねばならない。

1年かけてゆっくりダイエットをした。ダイエットといっても、フードの量を減らした訳ではなく、フードの割合を調整しただけである。ヘッジホッグダイエット(マロンだいすき&カロリー高め)ブリスキーのBasic(お腹が空いていれば食べる&低脂肪高タンパク)そしてMazuri(基本あまり食べない&高タンパク)の3種類のフードを2:2:1で混ぜて与えるようにしたところ、1年でこんなにスッキリした。

ハリネズミは自分で食べる量を調整するので置き餌でも食べ過ぎる事はないと聞いていたが、好きなフードの場合はついつい多めに食べたりすることもあるようだ。

体が軽くなったことにより、よじ登るのに苦労していたハリハウスにもスムーズに登れるようになった。

日本のハリネズミ飼育の歴史はまだ浅い。そのため海外で飼育されているハリネズミと比べると寿命が短いという印象がある。ネット上でもあまり長寿ハリネズミの話を聞かない。「ハリネズミの寿命は5年以上」が日本でも定説になるよう、マロン君にも元気に頑張ってもらいたい。

二年目

マロンをお迎えして今日でちょうど2年。

我が家での暮らしにもすっかり慣れてきたようで、ほとんど針を立てることがなくなった。抱っこしても、お風呂に入れても、爪切を切っても、耳をふいても怒らなくなったので、お世話がとてもやりやすくなった。ごはんも手で餌皿を差し出すと食べにくるようになった。

体重は夏から少し減って727g。フードの1/3くらいにカロリー抑えめのBrisky社のハリネズミフードBasicを混ぜるようにしたためだと思われる。(でもやっぱり大きめちゃん。)

お気に入りのハリハウス。私と二人きりの日中はいつもここでお昼寝をしている。

ありがたいことに、この一年も病気や怪我もなく元気に過ごしてくれた。来年からシニア期に入るが、このまま元気に暮らしてほしい。

マロン2歳

6月生まれのマロンくん、病気や怪我もなく、元気に2歳を迎えることができました。

体重は770グラム。重量級ではあるけれど、去年の秋からほとんど変わらないからこれが適正体重ってことかな。

デブではなく、大柄ってことで。

一緒に暮らし始めて1年半。すっかり慣れてくれたので爪切り、お風呂、耳掃除などのお世話はとてもしやすくなった。

困ったことはただ一つ。すぐハリボール解除してしまうようになったため、丸まったポーズの写真が撮れなくなってしまった。

この一年もたくさん癒しをありがとう。
マロンと暮らせてとても幸せだよ。

かぼちゃとくり

Happy Halloween!

ハロウィンなので、かぼちゃとマロンのツーショットを撮影。
マロンは常に鼻をふんふんしている落ち着きのない子なので、スマホのカメラでは顔がブレまくってしまう。今回はカメラのスポーツモードを駆使して撮影してみた。かなりの枚数を連写で撮影したけれど、ブレてないのは数枚程度…。

去年撮影撮影したものと比べるとひとまわりほど大きくなったことがわかる。

去年はかぼちゃ君と同じくらいだったのに、今年はマロンの方が大きいくらいだ。そしてフォルムがかなり丸くなった。

ほぼ栗。だいぶ大きいけど。

マロンを迎えて一年

マロン君がわが家にやってきて、今日でちょうど一年。すっかりわが家に慣れたマロン君は、家族の一員として毎日気ままに過ごしている。

326gだった体重はこの一年でスリーセブン(777g)に。思った以上に大きくなった。

一年前にねぐらとして愛用していた布製のカゴは

今はもうおしりしか入らなくなってしまった。

一年前は娘の手のひらにすっぽりおさまっていたのに

今は私の両手からもあふれてしまっている。びっくりするくらい大きく成長した。カリカリフードしか食べてないのに…。

犬や猫のように懐きはしないが、お風呂も爪切りも耳掃除もできるくらいには慣れてくれた。この一年で信頼関係はしっかり築けたのだと思う。

これからも元気に、気ままに、お茶目な姿を見せておくれ。

マロン1歳

6月生まれのマロン君。正確な誕生日はわからないので、とりあえず6月最終日の今日を誕生日ということにしてお祝いをする。

インスタグラムによくあるような、仰向けイガグリの状態で記念写真をとりたかったのに、落ち着きのないマロンはすぐにいがぐりオープンしてしまい‥。

ハリネズミの体勢じゃないよな、これ…。

とりあえずなんとか形になったのがアイキャッチに使ったこちら。

かわいいというか、おかしい写真になってしまった。これがマロンクオリティ…。

一歳記念の体重測定結果は687g。半年前から変動ないので、これがマロンの適正体重なのかもしれない。

マロン、お誕生日おめでとう。一緒に暮らしてまだ一年経っていないということが信じられないくらい、君は私にとってかけがいのない存在だよ。

ハリネズミの体重測定

我が家にマロンがやってきて、4ヶ月。まだたったの4カ月しか経ってないのかと驚いてしまうくらい、今やすっかり我が家の中心的存在となっている。

発情期もスタートしたし…と言うわけで久しぶりに体重を測ってみる。使ったのはタミヤのミニ四駆用のスケーラー。とても正確に測ることかできるのでオススメだ。

687gに増えていた。毎日見ていると気づきにくいが、日々大きく成長している。マロンは比較的大きい部類に入るようだ。(完全に丸まることはできるので肥満とかではないはず。)

オマケの変顔。

ハリネズミの発情期

昨日、マロンが、急に「ピーピー」と「ミーミー」のあいだのような、鳴き声をあげた。ハリネズミはほとんど鳴き声をあげないのでびっくりし、どこか痛いのかと思い慌ててケージを覗き込むと、とびばこハウスの中で丸まりながらごそごそとしている。床に敷いているマットを丸め込むようにしているのを見て「あ…」と理解した。

ハリネズミのオスは6〜8ヶ月で性成熟する。6月生まれのマロンはちょうど発情期に入った頃だ。発情期のオスは小鳥のような鳴き声をあげてメスに求愛する。個体によっては、寝袋や毛布をメスに見立てて交尾行動をすることもあるとのことなので、おそらくそれだろうと思い、そっとしておく。(お邪魔しちゃ悪いし…。)

落ち着いた頃、ケージの掃除がてらマットを見ると、やはり白い粘液がくっついていた。やっぱりそうか…。マロンも大人になったんだね…となんとなくしみじみしてしまった。

そうえいば最近、知らない人が来るとすぐに針ボールになるし、スプーンからチーズを食べることもしなくなった。子供のうちは好奇心が旺盛だから人を怖がらなかったのが、大人になり警戒心が強くなってきた、ということかもしれない。

今のところ私と娘にはお腹をみせてくれるけど、これからフシューと怒られたりするようになるのだろうか。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
ドタバタと年末年始が過ぎ、ようやく少し余裕が出てきました。マイペースな更新となりますが、今年もどうぞよろしくお願いします。

少し遅くなってしまったけれど、マロンにもクリスマスプレゼントを買ってみた。

木のトンネル。穴が大好きなマロンはきっと喜んでくれるはず!と思ったのだ。

わーい。いい感じの穴があるぞ〜と興味津々のマロン。私の予想どおり、早速もぐっていったのだが。

アッ!

お尻が詰まって、もぐれない…。

横穴の方はさらに小さかったらしく、頭しか入らなかった…。マロンは、年末年始を経た私のお腹同様、思った以上に成長していたようだ。

大きくなったよ

マロン君がやってきて、1か月ちょっと。毎日見ていると気がつかないが、重さも大きさも2倍くらいアップした。

わが家にやってきて5日目のマロン。体重は326gで、娘の手にすっぽりとおさまっている。顔も少し幼いような気がする。

そして、最近のマロン。体重は535gで、娘の手から若干あふれている。

決して食っちゃ寝生活で太った訳ではない。大人サイズに成長してきたのである。

ペットショップで売られているハリネズミや、ペットグッズのパッケージなどに写っているハリネズミは、生まれて3か月くらいの子供が多いので、ハリネズミ=ハムスターくらいと言うイメージを持っている人が多いようだ。うちに遊びに来た友達も、マロンを見て「意外に大きいね」と驚く事が多い。

大きさは22cmくらいにまで、体重は個体によっては700gくらいまでいくこともあるらしい。飼育ケージのサイズが60×30cmは必要と言われるのはこのためだ。飼ってから、こんなに大きくなるなんて!と驚くことのないよう、事前にそのあたりもイメージしておく事が大切だ。

かく言う私も、たった1か月でこんなに成長するなんて思わなかったので、驚いている。でも、大きくなっても、可愛らしさは変わらない。