ハリネズミの足湯

今朝マロンを抱っこしたら、お腹の片面がカピカピになっていた。久しぶりに盛大にアンティングをしたようだ。

そんな訳で朝から足湯。

歩くとお腹がお湯に触れるくらいの高さ(2〜3センチほど)までお湯をはり、マロンを入れる。とことこ歩かせながらお腹のカピカピを緩めていく。アンティングのカピカピは、お湯につけるとヤマト糊みたいな状態になり、指でつまんでとれるようになる。(髪についたお米粒をとるような感じ。)

マロンは割と足湯が好きらしい。入れ始めは落ち着かないが、慣れてくると洗面台にお腹をピターっとくっつけてくつろいでいる。足湯じゃなくて腹湯ですな。

湯上りはタオルでもふもふした後、

クッションに反応して軽くアンティング…。

こう見ると、マロンくん、結構おおきいのね。

そして、貪るように水を飲み寝床へ。やっぱりお風呂上がりは喉が乾くらしい。