偏食なハリネズミ

ハリネズミは偏食だ…と言う話は聞いていたが、ここ最近その徹底した偏食ぶりに頭を痛めている。

マロンを飼い始める時、なるべく環境を変えない方がよいだろうと思い、ブリーダーさんのところ同じフードを購入して与えていた。一ヶ月経ち、フードがなくなってきたのでアマゾンで同じ会社のフードを注文したのだが、シリーズが違ったらしく粒の大きな違う種類のものが届いた。しまったなあ…と思いつつ、残っているフードと新しいフードを混ぜて与えてみたところ、粒の大きな新しいフードを綺麗に残して食べていた。

これはまずい…と思い、ブリーダーさんに連絡したところ、早急に同じフードを送っていただけることになった。ほっと安心したものの、1kg買ったこの新しいフードは全く無駄になってしまうのか…と少し残念に思ったので、数日間、二種類のフードを混ぜて与えていた。

するとある日、突然気が向いたのか、新しい粒の大きなフードも食べ始めた。やった!これで無駄にならなくて済む!と喜んだのもつかの間、今度は今まで食べていた小さな粒のフードを全く食べなくなってしまった。今までと反対に、粒の小さなフードだけを綺麗に残して食べるようになってしまったのだ。わざわざ1キロも取り寄せたフード、どうするのよ…。なんとか食べてもらおうと、ふりかけたり、混ぜこんだり色々してみたが、器用に選り分けて大きな粒の新しいフードだけを食べる。そして、そのフードがなくなると、ちゃぶ台返しさながら、餌皿をひっくり返してケージ内に今までのフードを撒き散らす。マロン、なかなかの強者だ…。