ハリネズミのトイレトレーニング

ハリネズミ用のトイレを購入したので、マロンのトイレトレーニングを開始。

トイレトレーニングといっても、犬や猫のように褒めたり叱ったりしてしつけるわけではない。(だってハリネズミだもん。)同じところに排泄する傾向がある&ねぐらは綺麗に保つというハリネズミの習性を生かし、排泄の場をこちらが指定したトイレに導くようにする、というだけである。そういう意味では、「トイレリーディング」といったほうが良いのかもしれない。

方法は単純。ハリネズミを観察し、いつもどのあたりに排泄するかを覚えておく。この時点で、特に決まった場所にする傾向がみられない場合はトイレトレーニングは向かない子かもしれない。(わりと個体差があるようだ。)排泄の場所がみつかったら、そこにトイレを設置。マロンは寝ぐらから一番離れたケージのすみっこによくするので、そこにトイレをおいた。

うちは砂を使っているが、ペットシーツでもよいそうだ。そして、砂やシーツにわざとうんちやおしっこの匂いがつけておく。他のところにしたウンチやおしっこはすぐに回収し、匂いを拭き取っておく。

あとはこれを気長に続けていくだけ。今の所順調で、ケージの中にいる時は、おしっこは必ずトイレでするようになった。これはかなりありがたい。ケージの掃除が格段に楽になった。偉いぞ、マロン。うんちはたまに「あ、間に合わなかったのね…」と思うような位置にコロンと転がっているが、まあこれはご愛嬌。

ちなみに、ハリネズミのトイレ砂はおしっこをすると中の方に広がって固まる。上の写真の周りの砂を取り除いたところがこちら。表面からみるとわからないがけっこうな量をしていることがわかる。掃除の時にはきちんと中までチェックしてあげよう。

固まっているといっても、水分で湿っているから固まっているだけで猫砂のように手でつまめるほど固めるわけではない。ちょんと触るとすぐに粉砕する。なので、ハリネズミの小さなお尻や生殖器にくっついてしまう心配もない。

ただいま、ハウスキーピング中。しばらくお待ちくださいの図。