ハリネズミのおにぎりケース

ハリネズミのおにぎりケース

春から中学生になる娘のため、おにぎりケースを買った。スープ用の保温ジャーを買いに出かけた時に、たまたま出会ってしまい「水色だし、ハリネズミだし、絶対ツボなはず!」と思わず衝動買いしてしまったのである。

お弁当箱、はし箱、巾着のセットだが、全て表情が違うのがまたかわいい。

上下二段で、上段には内蓋がついている。おにぎりの他におかずも入れられる仕様だ。

はし箱は、お箸とスプーンがセットで入る。スープ付きのお弁当を持って行くときにぴったりだ。

アスベルの保温ジャー(250ml)とセットで入れるとサイズ的にもぴったり。

巾着のハリネズミもかわいい。

予想通り、娘はとても喜んでくれたのだが「ちょっと量が足りないかも…。」とのお声が。(まあ、そうですよね…。)その時は上下におにぎり詰めて、おかずを別にもたせるスタイルにしよう。

ハリネズミのイヤーフィギュリン

ハリネズミのイヤーフィギュリン

我が家では結婚や出産、入学などライフイベントのある年には、記念としてロイヤルコペンハーゲンのイヤープレートを購入している。

今年は娘が中学に入学するので買おうと思いお店に出かけたら、なんと2019年のイヤーフィギュリンがハリネズミだった。

これは買うしかないでしょ!と、あっさりプレートからフィギュリンに鞍替えしてしまった。

優しくて良い表情。

後ろ姿もキュート。

マロンと並べてみた。

いつもは写真を撮ろうとすると逃げ出してしまうマロン。

今回はちゃんと並んで正面向いて撮れてると思いませんか?

実はちょっとしたトリックを使ってみました。このようにごはんを食べているマロンの横にフィギュリンを置き、

さっとお皿を取り除き、マロンが「え?何するの??」と正面を向いたところをパチリ。

撮影おつかれさまでした。ゆっくりお召し上がりください。

ハリネズミの立体作品

仕事で知り合ったイラストレーター・立体造形作家の秋草愛さんのご好意で、特別にマロンを作っていただいた。

届いた作品を見て、その出来栄えの素晴らしさに思わず声をあげた。丸まった時のフォルムも、顔の表情も、そして重量感も完全にマロン。秋草さんの作品は展示会で何度も拝見しているし、作品もいくつか所有しているのでクオリティの高さは存じ上げていたのだが、マロンを作っていただいたことにより、その再現性の高さを理解した。

こんなに小さいのに、針の部分にはきちんとハリ感があるし、お腹の部分はモフぽよ感がある。並べてみるとわかるが、本当にそっくり。

最高の宝物をありがとうございました!

ちなみに、この2ショット写真、撮るのがなかなか大変だった。
最近はすぐハリオープンしてヘソ天状態になるので、こんな写真ばかり。

びろーん。

ごろりん。

ブログにのせているのはスポーツモードを駆使して撮影した奇跡の数枚だったりする。

ハリネズミのテイッシュボックスカバー

先日娘からお誕生日プレゼントにハリネズミのティッシュボックスカバーをもらった。以前にインテリアショップで見かけて「カワイイ!」と気になっていいたものだ。一緒に出かけた時に、私が欲しそうにしていたのを覚えていてくれたらしい。なんていい子なんだ。

薄型ティッシュボックス用だが、もこもこしているのでわりとボリューミー。

ぬいぐるみの下にループがついているので、壁などに吊るして使用することも可能。

横から見てもかわいい。

マロン、お友達だよー。ちょっと大きいけど。

…。

興味なし!(まあ、そうだろうよ…。)

ハリネズミのクッキー

もうすぐハロウィン…ということで、ハロウィン用にクッキーを焼く。バニラ味のかぼちゃ、お化け、チョコレート味のこうもり、黒猫という定番クッキーに加え、今年はマーブル(バニラ&チョコ生地のミックス)のハリネズミクッキーを追加。型はかっぱ橋でみつけたもの。ちょっぴり小さめなため、顔の部分を綺麗に抜くのが難しかったが、焼きあがりはとてもかわいかった。

先日娘が「マロンとハロウィン写真を撮る!」とお小遣いをはたいでペット用のシルクハットを買ってきたのだが、マロンには迷惑でしかなかったようだ。バタバタ動いて写真どころではなかった。

はずしてー。おろしてー。

コスプレ&写真は苦手です!

ハリネズミのエコバッグ

ハリネズミブームがきているのか、街中でハリネズミグッズをよく見かけるようになった。お弁当箱、財布、ポーチ、マグにお皿など、様々なところに色々なデザインのハリネズミがいる。

ハリネズミのエコバックでかわいいやつがあったら欲しいなと思っていたら、横浜でとても可愛い子に出会った。リサ・ラーソンのハリネズミエコバックだ。

顔ももちろんがわいいが、縦向きにハリネズミを配置するというデザインが斬新だと思った。今まで色々なところでハリネズミエコバックを見てきたが、みんな普通に横か正面を向いていた。 

裏面はハリネズミの針部分だけ。シンプルなモダンアート的な感じになるので40代の私が持っても、可愛すぎることがないだろう。

デザイン的には大満足なのだが、生地が思った以上にペラペラであることが少々気になる。生地が薄い分、小さくたためるから良いというメリットもあるが、このペラペラ感で3000円超えというのはちょっと悩んでしまう価格だった。(でも最終的には買ってしまった…。)

しかし値段だけあるようで、生地&縫製は丈夫。結構な重さの荷物を入れたりしているが、今のところ破れたりほつれたりする様子はない。

ハリネズミのミニトレイ

先日横浜に出かけたらランドマークタワーに「北欧屋台」というポップアップストアが出ていた。リサ・ラーソンやムーミンなど北欧デザインの雑貨やアイテムが並んでおり、そこで素敵なハリネズミトレイを発見。

明るい黄色に、リサ・ラーソンらしいユニークな表情のハリネズミが3匹。巻き毛だったり、トサカだったり、見ているだけで思わず頰が緩んでしまう。サイズは、マグカップ二つにお菓子を載せるのにちょうどいいくらい。

黄色といえば、この日のみなとみらいではピカチュウイベントが開催されていて、街全体が黄色くなっていた。
ゲームも出たし、映画もやってるしということでのイベントなのだろうが、かなり力が入っていた。ピカチュウを1500匹ほど投入しているらしい。ダンスをしていたり、行進していたり、船に乗っていたりと、みなとみらいの色々なところでピカチュウに会える。

一つのキャラクターだけが何十体もぞろぞろと歩くパレードというのはある意味斬新だと思った。

ランドマークタワーにも巨大なピカチュウバルーンが登場。

よーくみると、ピカチュウでないものも混ざっている。

もちろんポケモンGOの中でもピカチュウが大量発生。ズバット並みに捕獲できた。

でも、私のお気に入りはやっぱりサンドパン。

ちなみに我が家のサンドパンは、涼しいお部屋で伸びきって潰れパンになっている。
ヨツユビハリネズミは砂漠の生き物だから暑さに強いと思っていたのだが…。

ハリネズミのテーブルブラシ

買ったり頂いたりで我が家に増えつつあるハリネズミグッズ。最近のお気に入りは、REDECKER(レデッカー)のはりねずみのテーブルブラシだ。前々からデスク周りを掃除する小さいブラシかクリーナーが欲しいなと思っていたのだが、先日このブラシを見つけて衝動買いしてしまった。(始めて今すぐ買う!ボタンを使ってしまった…。)

サイズは持ち手(ハリネズミの体)が14センチくらい、毛(ハリ部分)の長さが6センチちょっとという、使いやすいハンディサイズ。キーボードやモニタのほこり払いや、デスク上の消しカスを集めたりするのに活躍している。ブラシ部分に使われているのは馬毛。適度な硬さ&長さがあるので掃き集めやすい。

そして、何より飾っていてかわいい…。

ちょっとしたプレゼントにもおすすめだと思う。

ハリネズミのドライヤーボール

マロンを飼い始めてからというもの、友達や家族など色々な方からハリネズミモチーフのグッズをいただくようになった。ありがたいことである。

トゲトゲとした独特のフォルムからか、ハリネズミモチーフの小物は割と世の中に多くあるようだ。今まで気がつかなかっただけなのか、それともハリネズミブームの波によるものなのか…。

先日も「なんかかわいいのみつけた!」とハリネズミ型ドライヤーボールをいただいてしまった。つぶらな瞳が可愛い2ハリセット。

ドライヤーボールとは、衣類を乾燥機で乾かす時に使うもの。このボールを入れると、衣類やタオルなどの間に隙間ができてからみにくくなるため、効率よく乾かすことができるようになる!というものらしい。

サイズ感的にはテニスボールより小さいくらい。マロンと比較するとこんな感じ。

早速入れて使ってみたが…正直なところ効果はよく分からない。使い込んでせっかくのかわいい顔がハゲてしまうのも嫌なので、ランドリー周りの飾り物として使うことにした。

手のひらで握ると適当にツボが刺激されて気持ち良いので、そういう使い方もありかもしれない。